リムテープ

リムテープは消耗品です。定期的に交換しましょう。


 
大手のスポーツサイクルチェーン店で購入したロードバイクを同店にパンク修理に持ち込むも、翌朝にはまたパンクしてしまったと、ゴリラ自転車にお持ち込み頂きました。
・購入したお店では「タイヤ、チューブ、リムテープを前後交換」しています。

翌朝にパンクしている原因は、交換したリムテープが細すぎた為です。
↑の画像、分かりにくいのですがリムテープについた丸い跡がはみ出しています。
丸い跡の脇で、チューブが裂ける様にパンクしていました。
適正な幅のリムテープとチューブ交換をしました。


リムテープは、リムに空いた穴を隠すための物です。
一般的には、チューブのバルブ以外にスポーク、ニップルを通すための穴がリムにあります。
リムテープが細いと、穴をふさぎきれないです

メーカーによってはリムテープの横幅が数種類から選べる様になっています。
お持ちのホイールに(リムに)合った、適切な幅のリムテープに交換しましょう。

ゴリラ自転車では、シマノとパナレーサーのリムテープを在庫しています。
リムメーカーやリム幅に応じて使い分けています。