部品交換

部品交換は、「取り付けるだけ」って思いがちですが、フレーム側を正しい状態にしなくてはいけません


 
高価な部品も、新品の部品も、フレームの状態が正しくなければ性能を引き出すことはできません。

↑の画像、リヤブレーキの台座がさびています。リヤブレーキの動きが悪くて修理にお持ち頂きました。
当初、「ワイヤーの交換」が希望だったのですが、細かくチェックしていくとフレーム側の錆で動きが妨げられていました。

フレームの錆を落として、ブレーキも分解清掃をして組み付けをしてスムーズに動く様になっています。。
合わせて、バイクのOHもさせて頂きました。


セルフメンテナンスをしている方でも、分かりにくい部品は外さずに外から注油をするだけで済ましているパターンは多いです。
1度。分解して正しく組み付けることでより動きがスムーズになる可能性がありますよ♪