インナーワイヤー

ワイヤー、たかがワイヤー。インナーもアウターも大切です。


 
↑の画像、インナーワイヤーが折れ曲がっています。
曲がっている箇所がアウターワイヤーの中で抵抗になりスムーズに動いていませんでした。

バイク全体の点検整備でお持ち込頂いたのですが、作業中になかなか改善せずに外してみて原因が分かりました。
ハンドルバーにワイヤー内臓式になっているので通常のモデルよりは引きが重くなりがちですが、ワイヤーの交換後はスムーズになりました。
走行中に急に折れ曲がるよりは、最初の組み立て時に無理やりワイヤーを通したのが原因かと思います。

ワイヤーのグレードやコーティングにこだわるのも大切ですが、取り付けが適切でないと効果がありません。
むしろ、安いワイヤーでも取り付けが正しい方がマシです。


長さやワイヤーに使うケミカルにもこだわって作業をしています♪