ステムキャップの破損

7年ほど前のクロスバイクについていました。


 
↑チェーン交換等のメンテナンスでお持ち込み頂いたクロスバイクについていました。
ネジの締めすぎか経年劣化なのか微妙ですが、右下のネジの付近にクラックが入っています。

ご依頼の修理を終え、全体的にネジの増し締めをしているときに気が付きました。
ハンドルを固定する箇所ですので危険な状態です。

お客様は点検に出すのが久しぶりだと言っていました。
ステムのクラックは乗っていても、なかなか気が付かないです。

もしかしたら、走行中にボキッと折れていたかもしれません。

やはり、定期的にメンテナンスは必要です。
普段、自分で整備をしている方もたまにはお店でプロにチェックしてもらった方が良いですよ♪
お店では普段から自転車に触れていますので、同じ個所の整備をしても多くの項目をチェックしています。

「高い自転車を買ったからしっかり整備されている」
「高い部品に交換したから長持ちする」
な~んて思い込んでいませんか??
話がそれましたが、

こんな箇所が壊れた!ってなる前に定期的に信頼の出来るお店で整備しましょう。